QLOOKアクセス解析

コメントありがとうございました。

更新しようと思いながら日々過ぎていってしまいました。

書きたいこともたくさんあったのですが、さすがに、年度末。
何かと忙しく、本日、やっと更新しています。

春休みということで、子供達に構いたいんですが、あんまり構っておりません。
次男クンは育成クラブがあるからいいものの、
長男クンは、一日中、ぼ~っと過ごしているようです。
新学期が不安だわ・・・。(ま、詳しくは、後ほど別記事にて)

さて、遅くなりましたが前記事にコメントくださった方、ありがとうございます。
コメントでお返ししようかと思いましたが、すぐ文章が長くなるのでこの記事にて・・・。

まず、wmeさんのコメントより

【「どう利用したらいいのかわからない」親御さんに対しては
こちらも親御さんに対して「どうかかわればいいのかわからない」状態のことが多いです。】

納得です!!

よく、相談される時に
「何が言いたいの?」「結局、どうしたいわけ?」
と、思う事がありますが、今の私がその状態なわけで・・・。

実際、どう利用したらいいかという問題以前の問題である事も確かなんです。

全く、支援らしい支援とは無縁で、必要な支援も受けにくいと書きましたが、

じゃぁ、どういった支援が長男クンにとって一番有効かつ必要なのかがわかりません。
そういった事を、親など関係者が勉強できる場所があるといいなぁと思ってます。

子供(長男クン)にとっては、必要な支援があるかもしれない
学校にとっても支援が必要かもしれない(対本人のみならずクラス運営のため)

でも、家庭では?
と考えると、今現在、正直、家庭内での支援はなくても大丈夫で
母の目からみると、受け答えが遅いとか、反応が鈍いとか、次の行動に移れないとかあるけど
そんな事は、声かければ済む事だし
最初に、目標というか、見通しを与えておけばちゃんと頑張れるので・・・。
後は、どういう声かけの仕方が一番有効かってことを知りたかったけど
毎日、一緒に過ごしていれば、子供の癖というか、そういうのも感覚的にわかるので
まぁ、親子の関係がうまく行きさえすれば、大丈夫なのかなと思っています。

と、いうことは、我が家の場合、母が頑張ればいいってこと???
などと考えてしまったりして・・・(限度はありますが)

そう考えると、やっぱり具体的な提案ができなくなってしまいます。
1番の望みは、何があっても、すぐ暴力を振るわないということを徹底させたい。
そのためにはどうしたらいいかということが、見えてこない。

おっしゃられているように、「社会性」や「生き方」となると
支援を求めたくてもかなり難しいものがあると考えています。
個人の特性により、関わり方も変わるようですし。
何より、長男クンを含め、いろんな子供達と関わっていく中で学んだのは
やっぱり、どんな子供とでも向き合って、よく話を聞いてあげることかなと思います。

野球部でもたまに、からかわれて怒ってますが
そういうときに、ちょっと話を聞いてあげると、悔し泣きしつつもすぐ落ち着くようになったし
年齢とともに成長していくところもあるのでしょうね。

結局、このような事であれば、療育センターなどの支援というより
周りの人の理解や協力が一番ありがたい支援だと思ってます。

身体障がいや知的障がい等の支援とかサポートのように、
目に見えるものではないというのは、サポートする側もされる側も
よく理解できてなければ、難しいのだろうと思ってます。

SSTなどに行くと、うちの子より状態が悪い子が多くって
逆の意味、うちの子が通ってもいいのかしら?って思う事もあったし
うちの子の役に立っているのかしら?って思う事もありました。
(ちなみに、今年度は状態が良いから卒業ですと断られました。)

SSTに限って言えば、発達障害の子向けのプログラムではなく
学校教育の現場で行って欲しいなと思っています。
正直、発達障害児のみならず、他の子供達にも必要な教育ではないかと思ってます。
それに、いろんな人が混じって行う方が効果も上がるような気もしてます。

「みんなで、仲良く、ソーシャルスキルトレーニング!!」

なんて物があっても面白いと思うんだけどな~。
どんな子供にも将来的に役立つと思うんだけど・・・。

なんだか、話がいろいろ逸れてしまってます(汗)
具体的な提案のことを書こうとしていたのですが。。。

具体的に、何をどうしたいというのが、私の中で見えてこず
唯一、こうして欲しい!!と思うのは、対学校(教育委員会)へのお願いで
学級担任以外にもう一人先生をつけて欲しいということ。

これは、長男クンのみならず、クラス全体のためにもなると思ってます。

ちょっと、タイミングを見計らって声をかけてくれたら、
ちょっと、事前に説明してくれたら
子供のトラブルが大事になる前に、間に入ってくれたら
スムーズに過ごせる事がほんとに多い。

長男がスムーズに過ごせたら、他のクラスのみんなに迷惑かけることや
担任の手を煩わせることもなくなると思います。
担任が、そこまで目が行き届けばいいのでしょうが、
担任には、全体を見る必要があると思うし、40対1では、無理かな~と私は思っています。
ひどい担任になると、長男の行動、悪化するし。

なので、担任以外にそういうことをしてくれる先生がいてくれたらいいな~と思います。

こういうのって、具体的な提案であり、必要(だと思われる)な支援ですよね・・・?
そして、担任がてこずったら(=対応が悪かったら)
療育センターの巡回指導(学校にきて対応方法などをアドバイスしてくれる)を
利用したいなと考えています。

そうそう、それと、これが具体的に提案できないことなんですが、
社会性を学ぶ場が欲しい。
学校で学ぶだけじゃ足りない気がするんです。
(学校じゃ、先生の理解がないと、学べない・・・)
専門的な立場で教えて欲しい。大人数の場で教えて欲しい。
じゃ、どうすればいいかというと、わからない。(正直な気持ちです。)

コメントくださったwmeさんのみならず、この記事を読んでくださった方
なにか、いい方法とか、いい例があれば、是非、お知恵を貸してください。
いろんな事例も参考にしたいと思ってます。
同じ立場の保護者のつながりとか
いつもかかっている医療機関の方以外のつながりが全くなく
発達障害をひとくくりにした一般的な話じゃない話や情報に飢えてます。
お互い、取り入れられる事があれば、取り入れていければいいなと思ってるところです。
是非是非、よろしくお願いします。

さて、相変わらず文章が長くなっていますが、もう一人、haruさんからコメントいただきました。
ありがとうございます。

umeさんのコメントに
この家庭はお子さんをどのように育てようと思われているのだろうか、
どう向かい合っておられるのだろうか

という記載がありました。

ちなみに、我が家は子供自身が幸せだな~と思える人生を歩めるように育てたいと思ってます。
たぶんに、うちの子は、普通の家庭(実際の我が家ですが)が好きなようですので
フツ~に大人になって、自立して、家庭持って、幸せに暮らしてくれたら
それでいいとは思っています。

そのためには、人や自分自身も傷つける暴力や
人を遠ざけてしまう言動は、なんとかしてやりたいし、なんとかせねばと思ってます。

haruさんのコメントに
小学校のうちに、集団の中で過す事や嫌な事でも折り合いをつける方法を身体で覚えていってほしくて・・・
結局最後は、一人でなんとかしないといけないのに

とありましたが、それは私も同感です。

発達障害のみならず障害がある方や、障害児を持つ親は、
みなさん、それぞれにいろんな苦労がある事は重々承知してます。
親戚や知り合いにも、知的障害を持つ人(子)や、身体障害を持つ人、
両方併せて持つ人もいます。
そういった方にも、現実的に支援が行き届いているわけじゃないんです。
(と、思ってます。)

そんななか、うちの長男クンのような微妙な立場の子供は、
知的に遅れもなく、だまってれば見た目にもわからず
となると、たとえ、発達障害という診断を受けたからといって
世間一般的には、普通の子であるわけで、
今は支援が受けられても大人になったら普通の人生を、自力で歩んでいかなきゃならないわけです。

今後、社会に出て行ったときの事を考えると、
今、あまり特別扱いして過ごしていく事、大事に大事にされすぎる事は、
社会にでたときに、扱われ方のギャップについていけなくなりそうで不安です。
なので、今は必要な支援(教育)を受けながら、
自分で社会性や生き方を学んでいってもらわないと仕方ないと思ってます。
今、母ができるのは、その手助けと、周りへの理解と協力をお願いすることなんですよね。

学校では、その日気持ちよく過ごせるというのは大事な事だと思います。
そして、集団のなかで気持ちよく過ごせるような工夫を通じて
自分自身がどうやったら気持ちよく過ごせるのか自分で会得して欲しい。
学校では、何かトラブルが起こったとき、
子供達双方の話を聞いてつないでくれることが大事だと感じてます。
子ども自身、我慢することも必要だし、人に迷惑をかけないことも必要
逆に、人に頼ったりとか、自分の居場所であるとか役割を自分で見つけられる能力も養いたい。
全部は無理だろうけど、社会に出るまでに会得していければいいなと思ってます。

実際、トラブルが多いとき、特別支援に移したほうがいいのかと悩んだ時期がありました。
でも、ありがたい事に、うちの子は、友達とかと大人数でいることは好きだし
(大人数が苦手なタイプの子もいますよね)
4年生の時担任が変わって、子供への対応も変わったようで
いろいろありますが、3年生の時に比べれば親子共々、過ごしやすくなりました。
今は、普通学級で揉まれて(?)成長したな~って思ってます。
(たまに、凹ませられる時もまだまだありますが・・・)
担任となる先生の考え方や、子供達への向き合い方でかなり違いますね。
「どうせ、俺なんか」「死んでやる~」
と、言っていた2~3年生の頃が嘘みたいです。
やはり、学校(担任)は重要です。

私が今、周りの人や学校側に一番してほしくない事は
「長男クンは特別だから、みんなも特別扱いしてね」ってこと
要は、あの子が授業を聞かなくても、あの子は人とは違うからいいんだよ
みたいなことをクラスの子に言ったりしたりしないで欲しい。
それって、周りに理解を求めることとは違うと思う。
(そういう先生も実際居るんです!!)
それって、子供同士のつながりを壊すと思う。
それより、さりげなく声かけて子供同士をつないでいって欲しいと思ってます。

私、長男クンに対して、正直、腹立つことも多いし、
コイツさえいなければって思った事も何度もあります。
でも、そうこう思いながら、一緒に生きてきて、お互い成長したかな。
長男クンを通して、周りの子供のみならず、人の特性がよく見えてきたような気もするし
(感覚的なものなので人に説明は出来ないのですけどね。)
昔は、「発達障害」なんてものなかったんだし
みんな、そのまま大人になってるし
どうにかなるよ~!!って思っていたいです。


うちの場合、
少々のことでは、苛々しなくなりましたが(親子共々)
やっぱり、キャパを大きく持って子供を受け止めていくのが一番大事なのかもしれませんね。
(でも、私も人間なので、気持ちのアップダウンはかなり激しいです。)

療育にかかわる立場の方、
学校の先生、
地域の方、
そして、同じような立場にいる保護者の皆さんと
今後とも、いいお付き合いができれば、嬉しいなと思っています。
でも、支援体制については、考えていきたいな。


新学期がもうすぐ始まります。
担任、クラスメート、そしてその保護者
どんな人たちと出会うんでしょう。
楽しみでもあり、かなり、不安でもあります。
少々のケンカは見逃してくれるといいけど・・・。
今年度こそ、よそのお宅に謝りにいかずにすみますように。

3月末からの出来事は、また、別記事で紹介したいと思います。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

障害があってもきちんと叱り不満は聞く。

こんにちは。
>学級担任以外にもう一人先生をつけて欲しいということ
これはよくわかります。暴力に出てしまう前や、つい手が出た後にたとえうまく語れなくても何か不満や不安があるのだろう、言いたいことがあるのだろう、と思います。たとえばもう何時間も前に「済んでしまったこと」であっても本人が納得できずリアルタイムでその不安な気持ちを表現できなかったために、人にはわからないけれど「ずっと苦しみ続けていた」「何かのきっかけで感情が爆発した」「タイミングがずれてるのでただの乱暴者としてしか受け取られなかった」可能性もあります。
そうなら誤解を受け続けて暮らしておられるつらい立場のお子さんかもしれません。

しかし、いわゆる加配の先生をつけるとなると通常学級でなく特別支援の移籍を言われるのでは?ブログで拝見したところ通常学級でも頑張っていけるお子さんのようですよね。
違っていたらごめんなさい。
本人に自己を省みる力のある場合、特別支援への移籍がプライド的にマイナスになる場合もよくあります。(決定権は本人にありますし)

とすると今のクラスの中で支援者を増やしていかないといけないわけです。
ひとつ、うまくいった他の方の例として『担任との連絡ノート』を作るというのがあります。
学校での様子、友達との様子を「問題がなくても」毎日書いていただきます。
(連絡ノートについては学校長を通じて正式に担任の仕事として認めてもらうのがポイントです。)
ノートを書かなくてはいけないので担任は意識して子供さんを見るようになります。
またノートを渡すときに息子さんとしゃべるので先生と息子さんがより濃密に触れ合うよいになります。

ちょうど学年の最初ですので試されてはいかがでしょう、

自分が目をかけてもらっているという安心感担任にで愚痴を言いやすくなったり、不安が収まったお子さんは実際におられますよ。



暴力を振るわない、というのは「不満を小出しにできる」環境があればよいです。
時間はかかりますがかなりのガス抜き効果により乱暴が収まる可能性があります。

確かに家では暴れん坊でもかまわないのです。多少はめを母の前で外しても公共の場で「我慢できれば」社会に溶け込むことができるのですから。
それは大人だっておなじですよね。


私は「高学年の発達障害者」がトラブルを起こすのは障害のためだとは思わないです。
もし年々暴力行為がひどくなるとしたらそれは「二次障害」といわれるものかもしれません。

彼らは皆と同じように子供時代を悩んでいるのであり、思春期を迎えようとしているのでしょう。
悪いことをしたらきちんと悪いと指摘される、不満や不安は聞いてくれる場所があるということが子供の人格を認めることになると思います。障害があるからと言って叱られもせず無視されるような扱いをされるのは本当につらいですし、人格を踏みにじってますよね。

Re: 障害があってもきちんと叱り不満は聞く。

コメントありがとうございます。

なんだか、ばたばたしていてお返事が遅くなりました(読むのは読んでいましたが)

うちの子の場合、おっしゃられる通り、加配の先生を正式につけていただくのはかなり難しいようです。
他市では、いろいろな取り組み(学校要望で臨時の方を教育委員会で雇うなど)があるようですが、残念ながら大分市ではそういった取り組みがないのか要望が通らないのかわかりませんが、現在のところ、うちの学校では該当がないようです。
また、特別支援については、3年生の頃、担任とうまくいかなかったこともあり、考えたのですが、本人も人と接することが好きですし(トラブルはその分増えますが)学力的には問題もなかったこともあり、また、本人も希望はしませんでしたので、考えただけで終わりました。
今思えば、普通学級でよかったなと思っています。

>もう何時間も前に「済んでしまったこと」であっても本人が納得できずリアルタイムでその不安な気持ちを表現できなかったために、人にはわからないけれど「ずっと苦しみ続けていた」「何かのきっかけで感情が爆発した」「タイミングがずれてるのでただの乱暴者としてしか受け取られなかった」可能性もあります。

これは、よくあるようですね。やはり、本人の中で解決しない限りどうも引きずるようです。
ただ、周りの子にしてみたら、???って感じになってしまうようです。
この辺りをつないでもらえるとありがたいなと思います。

それから、『担任との連絡ノート』
今回、担任になったのが、今まで中学校で英語を教えてらした方で
今年初めて小学校に赴任されてきた先生で、今のところどのような先生かわかりませんが
校長先生にお願いしてみようかと思っています。

> 私は「高学年の発達障害者」がトラブルを起こすのは障害のためだとは思わないです。
> もし年々暴力行為がひどくなるとしたらそれは「二次障害」といわれるものかもしれません。

確かに、トラブルについては、落ち着いてきています。ただ、時々、爆発(?)してしまいますが。
周りの子供たちも、からかったりしますが、ころ合いというか、これ以上言ったらヤバイというのがわかってきてるのかな?と見ていて思うくらい、絶妙なところで止めているということも影響しているのかもしれません。
うちの子も成長しましたが、周りの子も変わってきたなと最近思っています。

みんなが幸せに、無事、成長してくれるといいなって思ってます。
プロフィール

sakura4703

Author:sakura4703
フルタイムで働くアラフィフに近い主婦
しばらく放置していたブログですが、再開しました。
リンクはフリーです。気に入っていただければ是非よろしくお願いします。
※更新頻度はまちまちです^^;

***私の子供たち***

長男(19歳)
 小2の終わりに高機能広汎性発達障害と診断を受けました。
保育士目指し勉強中!?
次男(16歳)
 航海士目指してます。

長男は小3から小6まで少年野球をやっていました。次男くんは中学まで

【お知らせ】
コメントは、承認制です。
リンク用のバナーはこちらをお使いください。


ツイッターやってます♪
滅多に呟きません💧

FOLLOW ME!!!
よろしくです!(*>▽<*)ゝ
twitter / sakura4703


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去ログ +

2017年 09月 【2件】
2016年 03月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 09月 【6件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2011年 08月 【5件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【16件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【8件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【19件】
2010年 07月 【15件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【20件】
2010年 02月 【34件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【20件】
2009年 11月 【19件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【47件】
2009年 08月 【34件】
2009年 07月 【18件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【11件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【16件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【7件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【25件】
2008年 01月 【21件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【9件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【19件】
2007年 07月 【29件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【41件】
2006年 01月 【5件】

カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近の記事
人気記事ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

児童精神科医NINAの休憩室
ランキング参加中
応援お願いします♪

にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

カウンター

RSSフィード
ブックマーク
またのお越しをお待ちしています。
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
お気に入り漫画ブログ
楽しく読めるマンガブログです。
お気に入りリンク
ブログでつながりましょう!! 相互リンク募集中です♪ よろしくお願いします。
大分関係のリンク
その他リンク集
児童相談所全国共通ダイヤル

平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。


障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

書籍の紹介
発達障害、子育て関連の本を集めています。ぜひ、リストとしてお役立てください。

発達障害関係書籍



私の蔵書です♪

まだ文庫しか登録できてませんが、全部登録したいと思ってます^^





素材をお借りしてます
Sweety様
i2i


track feed tracki feed
相互リンク・SEO対策